虎ノ門ヒルズ ステーションタワーにボリュメトリックビデオスタジオを開設 キヤノン・森ビル・バスキュール・日本IBMの4社が協業してXRビジネスを加速 | キヤノングローバル

虎ノ門ヒルズ ステーションタワーにボリュメトリックビデオスタジオを開設
キヤノン・森ビル・バスキュール・日本IBMの4社が協業してXRビジネスを加速

キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 CEO:御手洗 冨士夫、以下「キヤノン」)は、森ビル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻󠄀 慎吾、以下「森ビル」)、株式会社バスキュール(本社:東京都港区、代表取締役:朴 正義、以下「バスキュール」)、日本アイ・ビー・エム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:山口 明夫、以下「日本IBM」)と協業し、2023年10月6日に開業する虎ノ門ヒルズ ステーションタワー8Fに、ボリュメトリックビデオスタジオを開設します。
今後、さまざまな企業やクリエイターとのコラボレーションによるXR(VR・AR・MR)コンテンツの企画・制作・配信を通して、映像体験のさらなる価値向上を図ります。

「TOKYO NODE VOLUMETRIC VIDEO STUDIO」の内観
「TOKYO NODE VOLUMETRIC VIDEO STUDIO」の内観

ボリュメトリックデータを活用したXRライブのイメージ
ボリュメトリックデータを活用したXRライブのイメージ

ボリュメトリックビデオ技術とは、複数のカメラで同時撮影した画像から、空間全体を3Dデータ化する技術です。空間内をあらゆる位置・角度から捉える自由なカメラワークで、これまでにない映像表現を可能にします。撮影から映像生成までをリアルタイムに行うことができるキヤノンならではの特長を生かして、現在、スポーツ中継や音楽のライブ配信、テレビCMの制作など、幅広い用途で活用されています。

今回協業する4社は、森ビルが立ち上げた「クリエイティブエコシステム構築に向けた共同プロジェクト※1」に参画しています。業界や領域を超えたコラボレーションを通じて、新たなコンテンツの創出・発信を目指す同プロジェクトのもと、参画企業やクリエイターのための共創拠点として、虎ノ門ヒルズ ステーションタワー8Fに「TOKYO NODE LAB※2」が開設されます。ビジネス、アート、テクノロジー、エンターテインメントなど、あらゆる分野での共創が期待される本拠点を舞台に、キヤノンのボリュメトリックビデオシステムを導入した「TOKYO NODE VOLUMETRIC VIDEO STUDIO」が誕生します。

スタジオでは、撮影から配信まで一貫したサービス提供※3を行います。企業のプロモーションビデオやミュージックビデオの制作はもちろん、ボリュメトリックデータを活用したXRライブの配信として、講演やトーク番組、さらには「TOKYO NODE」内で開催されるコンサートや演劇と連携したイベントなど、幅広いシーンでの活用を目指します。4社それぞれが持つ技術や顧客基盤、マーケティング力を生かすことで、XRコンテンツの魅力を、東京から広く世界に向けて発信していきます。

キヤノンは、今後もさらなる技術開発とパートナー連携の強化を図ることで、ボリュメトリックビデオ技術の活用分野の拡大を目指していきます。

  • ※1

    キヤノン、森ビル、バスキュール、日本IBMをはじめ、計16社の企業が参画しています。(2023年9月28日時点)

  • ※2

    詳しくはTOKYO NODE公式ホームページをご確認ください。

  • ※3

    ご利用は事前予約制です。詳しくはTOKYO NODE公式ホームページをご確認ください。

ご参考

2023年10月10日(火)・11日(水)の2日間にわたり、虎ノ門ヒルズ ステーションタワー46Fにて開館記念カンファレンスイベント「TOKYO NODE : OPEN LAB」が開催されます。全17回予定されているセミナーの1つに、「ボリュメトリックビデオスタジオから発信する新たな都市体験」と題したセミナーを実施します。

開催日時 2023年10月10日(火)11:05~11:40
開催場所 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー46F TOKYO NODE HALL
テーマ ボリュメトリックビデオスタジオから発信する新たな都市体験
チケット料金 2,000円(税込)
※以下のURLより購入可能です。
関連URL https://www.tokyonode.jp/sp/openlab2023

画像ダウンロード

本ページに掲載されている画像、文書その他データの著作権はニュースリリース発行元に帰属します。また、報道用途以外の商用利用(宣伝、マーケティング、商品化を含む)において、無断で複製、転載することは、著作権者の権利の侵害となります。